小引き出しに眠っていた腕時計

お客様が「小引き出しに眠っていたテクノスとセイコーアルバの時計なんですが、もう何年も使用していないので、もう使えませんか?」との事。

まずは内部の状態を確認して電池交換で稼働するか?を見ます。

テクノスの時計は稼働する様で有ればバンド交換もして欲しいとの事。

今回はお客様に許可を頂きテクノスの修理を中心に作業内容をブログでご紹介します。

テクノスの時計はバンドを外し時計ケース全体をきれいに磨き裏ぶたを開け内部を確認。外装の割りに内部は比較的に綺麗でした。パッキンにシリコンオイルを付着させ時計の電池交換。動作確認をすると稼働したので一安心。今度は、お客様にベルトを選択して貰いバンド交換。

どんなベルトが良いか?と聞かれたので同色の黒で古い時計なのでアンティーク調のベルトをお勧め。

セイコーアルバも電池交換作業を一通り行い、外装および内部の簡易クリーニングも完了しきれいになりました。

 お客様にも気に入って頂き喜んで頂き「また利用します。」仰って頂きました。